「環境移送」で世界を変える

水環境のハイクオリティな再現と活用ならイノカ

SOLUTION1:絶滅危惧種の保護

現在、地球温暖化などにより、サンゴ礁をはじめ様々な場所で生物が絶滅の危機に賓しております。
生物学的価値・漁業・沿岸保護・観光業などにおいて、サンゴ礁からだけでも、毎年合わせて3兆円の経済効果が生まれていると言われております。海洋生物が絶滅することで、これらの恩恵を人々が受けられなくなるのです。

イノカはこれらの価値を未来に残すべく、各地域の絶滅危惧種保護の支援を行っています。企業のCSRとして、自治体の自然保護活動としてご活用頂いております。

SOLUTION2:水生生物の養殖

今まで養殖が困難であった水生生物の生息環境を再現することで、それらの養殖を可能にするお手伝いをします。

また、完全に陸上閉鎖環境で養殖を行うことで、海や川などの環境変化に影響されず、そして環境負荷をかけないサステナブルな養殖をサポートします。

SOLUTION3:研究・実験

弊社では実験に適した均一な環境の維持を始めとした、自在な環境コントロールを行うことができるため、実験フィールドとして研究者様などにご活用いただいております。また製品の海洋耐久テスト、環境負荷テストのフィールドとしてもご活用いただけます。都会では実験困難な研究のサポートをさせていただきます。

また、そうして生まれた研究結果を社会に広め・還元するお手伝いもさせて頂いております。

SOLUTION4:環境教育

環境破壊を食い止めるには地球温暖化など世界規模の問題を止めるしかありません。そのためには全人類が環境について考え・行動を起こすしかないのです。しかし人類の海離れというのは深刻化しており、海洋保全への意識は薄くなる一方です。教育を行い、全人類の意識を変えていく必要があります

そんな中、弊社ではサンゴをはじめとした「本物の生き物」を間近で見てもらう実験教室を行うことで、「生き物って面白い!」という簡単な気づきから、「自分たちの行動が生き物を苦しめていたんだ」という深い気づきを生み、子供たちの主体性や思考力などの力を育てます。そうすることで「環境と共生していく」次世代を育てていきます。

主に企業様のCSR活動・環境教育のお手伝いとしてご活用頂いております。

最新のNEWS

日経ビジネス 「スタートアップ・オピニオン 次世代を担う起業家たちの論点」に取り上げられました。

弊社代表の高倉が日経ビジネスに取り上げられました。以下よりご覧になれます。 スタートアップ・オピニオ

取引実績

メディア掲載実績