お知らせ|2020.04.22

リアルテックHDとJAXAらが主導するプログラム
「SPACE FOODSPHERE」へ参画しました。

リアルテックホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:丸幸弘/永田暁彦、以下「リアルテックHD」という。)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、理事長:山川宏、以下「JAXA」という。)などが推進する「SPACE FOODSPHERE」プログラムに参画しました。

イノカ独⾃の環境移送技術を発展させ、2040年代の⽉⾯1000⼈の⻑期滞在に向けて、多品種/⾼効率な⾷料糧⽣産とQOL向上を両⽴する「拡張⽣態系」を構築することを⽬指します。
SPACE FOODSPHERE:https://spacefoodsphere.jp/
地球と宇宙における「⾷」の共通課題の解決に向けて「完全資源循環型かつ超⾼効率な⾷料供給システム」「閉鎖空間のQOLを⾶躍的に⾼める⾷のソリューション」という2⼤テーマのソリューションを構築し、地球と宇宙双⽅での社会実装を推進するプログラム。 多品種/⾼効率な⾷糧⽣産とQOL向上を両⽴する「拡張⽣態系」
SPACE FOODSPHEREの前⾝となる「Space Food X」プログラムは、当⾯の⽬標として設定する2040年代の⽉⾯1000⼈の⻑期滞在に向けて、課題と解決策の解像度を上げるために⽉⾯基地のコンセプトを設計すると共に、究極の⾷のソリューションの⼀端を可視化しました。

イノカは、独⾃の「環境移送技術」※1 を提供し、海洋⽣態系への豊富な知⾒と⼈⼯⽣態系の構築実績を元に、「拡張⽣態系」の実装に向けた設計監修を⾏いました。
2020年度以降は、環境移送技術をさらに発展させ、⾷料⽣産や資源循環等に関する技術的な実現可能性の初期的な検証を⾏っていきます。

生産可能品種の少なさ、心身の健康問題、コミュニティ問題、労働力不足、種の絶滅危機といった宇宙と地球の共通課題に対し、国内外のパートナーと共に取り組んでいきます。


※1 ⽔質(30以上の微量元素の溶存濃度)をはじめ、⽔温・⽔流・照明環境・微⽣物を含んだ様々な⽣物の関係など、多岐に渡るパラメータのバランスを取りながら、⾃社で開発したIoTデバイスを⽤いて実際の⾃然環境と同期させ、特定地域の⽣態系を⾃然に限りなく近い状態で⽔槽内に再現するイノカ独⾃の技術


詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000036405.html

CONTACT

info@innoqua.jp

プレスキット

イノカラボに遊びに来てください。

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-4-7 第一誠ビル3・4F