お知らせ|2020.07.27

IoTを活用したサンゴの人工抱卵を実現しました。

株式会社イノカ(本社 : 東京都港区、代表 : ⾼倉葉太)は、IoT技術により水温を沖縄の久米島付近の海面水温と同期させた完全閉鎖環境内の実験で、サンゴの人工抱卵を実現したことをお知らせいたします。

同時に、2020年8月からサンゴの人工産卵のための実証実験を再始動し、2021年3月、世界初の産卵時期をコントロールした人工産卵成功を目指します。

●詳細は下記プレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000047217.html